光熱費に不満を持つ人の特徴

賃貸物件を借りる時に、不動産屋で紹介される物件情報には誤りが多いです。間取り図の方角が間違っている程度は序の口で、都市ガスと書いてあっても実際にはプロパンガスという例がよくあります。オール電化対応と書いてあって、プロパンガスという間違いは流石に無いので、オール電化を選んでおけば間違いないでしょう。

アパートを探す時にプロパンガス物件が多く存在する理由として、建物を建設する時に給湯器やガス配管設備をプロパンガス業者が負担して、入居者の料金を高くして回収しており、オーナーの初期費用軽減が可能だからです。都市ガスやオール電化では、オーナーが設備投資を全額行なう必要があるので、安く作って高く貸そうと収益のみを重視した賃貸経営をするオーナーにありがちな発想で建築されています。

オール電化を選べれば安上がり

オール電化の賃貸物件は電気温水器を利用しますが、電気代が安い深夜電力を活用して沸かすので、光熱費が安くなります。背景には、原子力発電所による発電は安価で安定した電気供給が出来るので、24時間平均して電気を使ってもらえるように深夜電力を安く設定しているからです。

家庭内でも火を使わずに調理出来るので、子供から年配者まで全ての人にとって安全に調理器具を使えます。火を発生させることが無いので、火災リスクが少ないです。ガスを使用している場合には、不完全燃焼による一酸化炭素中毒が懸念されるので、オール電化の安全性は全ての世代にとってメリットとなるでしょう。

北海道の空の玄関、千歳空港がある千歳町。その千歳の賃貸は飛行機での旅行にいくならとても便利な立地になっています。