新築物件が多くてオシャレ

若い人を中心に自家用車を購入する人が減っていることから、通勤しやすい駅から近い立地の物件は需要が年々高まっています。その需要に合わせて、実際に駅から10分以内のエリアは新築のマンションが多く、新築物件にこだわるのであれば駅近物件を見ておけば自分の希望に合う物件を見つけやすいです。

築年数に関しても浅い物件はもちろん、ある程度築年数が経過している物件も多数あるので、自分の予算に合った物件を探しやすいとも言えます。

お買い物にも便利なエリア

どのエリアでもやはり栄えているのは駅周辺です。そのため、駅から近い立地の部屋を借りておくと、家のすぐ近くにお店が集中していることから毎日のお買い物が快適になると言えます。少し離れた場所で大きなお買い物をしたいと思った時も電車ですぐに移動できるので快適です。

それに対して駅から少し離れた立地であると、どうしてもスーパーなどが離れていて少し不便してしまうところがあるので、基本的に移動手段が電車・徒歩の場合は駅近物件がオススメと言えます。

駅近物件に住むメリット・デメリットは?

駅近物件に住む魅力はやはり駅から近いので、徒歩移動の負担が少ないという点を挙げることが出来ます。周辺にはお店が多く、お買い物や外食にも便利です。

ですが、もちろんデメリットもあります。やはり駅から近いエリアは栄えているので人通りが多くにぎやかです。また、駅から近いエリアは需要が高く、新築物件も多いので、家賃の相場が全体的に高めになっています。駅までの距離が違うだけでそれ以外の条件が同じ物件は、駅から少し離れている物件の方が家賃が安いので、少し離れていても安くて快適な部屋に住みたいのであれば駅から離れた方がお得です。

元町の賃貸の賃貸の人気の理由として、都市部への交通アクセスが良いことや、品質の良い物件が多いことが挙げられます。